種子島 仲良し相撲

投稿日:2018年3月30日 更新日:

種子島で、戦前から続く伝統の「仲良し相撲大会」。

この大会は隣接する西之表市の住吉地区と、中種子町の星原地区が子どもの相撲を通して親交を深めようと、年に1回、開かれています。

86回目の今回は住吉小学校で開かれ、2つの地区から園児から中学生までが参加しました。

保護者や地域の人たちが見守る中、子どもたちは力強い取り組みや面白い取り組みを見せ、会場を沸かせました。

撮影は種子島のふるさと特派員、西金男さん(2017/6/20)。

-かごしま南北600キロ
-