伊佐市 外国人が昔の遊び体験

投稿日:2018年3月30日 更新日:

伊佐市でこのほど市内の事業所で働く外国人に、日本の伝統の遊びを楽しんでもらうイベントがありました。

これは、市の日本語教室の一環で開かれたもので、ベトナム、インドネシア、カンボジアの3か国からの若者、およそ20人が参加。

そして、羽根突きやお手玉など、日本の伝統の遊びに挑戦。折り紙のコーナーでは日本人スタッフに教わりながら作品を完成させると、参加者はうれしそうな表情を見せていました。

 

撮影は、伊佐市のふるさと特派員・坂元克子さん(2017/9/9)。

-かごしま南北600キロ
-