大野岳のすそ野に広がるダイコンの天日干し

投稿日:2018年3月28日 更新日:

漬物用ダイコンの天日干し。

南九州市頴娃町牧之内、大野岳のすそ野に広がる高台にある畑の風景です。

高さおよそ7メートルのやぐらは竹を組んで作られています。

白いすだれのように吊るされたダイコンは、

1週間から2週間ほど寒風にさらされたのち、出荷されます。

 

この天日干しは2月中旬頃まで続きます。

 

撮影はいちき串木野市のふるさと特派員小島忠義さん(2017/2/3)。

-かごしま南北600キロ
-