移住は、家族の幸せのためのスタート地点

更新日:

 市来斉さん

<プロフィール>

埼玉出身/31歳 第2回移住ドラフト会議での「騎射場族」1位指名をきっかけに、かねてからえがいていた鹿児島移住を果たす。自身は埼玉生まれの埼玉育ちだが、実は両親、妻ともに鹿児島出身。趣味は音楽、特技はドラム演奏。1児(2歳)の父。

- (文)伊藤明子@ウミナリ


第一子を授かったことをきっかけに、これから人生をおくる場所、子育ての環境を強く意識したという市来さん。自身は埼玉出身であるものの、ご両親、さらには奥様までもが鹿児島県出身ということが、鹿児島移住への大きなきっかけになったことは想像に難くない。

「これからの時代は、どこに住んでいても利便性にさほど差はなくなってくるだろうと。もともと都会より田舎で暮らしたいなとは考えていた」と市来さん。何かのきっかけになればいいなという軽い気持ちと、移住ドラフトのキャッチーなコンセプトに賛同してエントリーした。一方、奥様の奈緒さんにとってはUターンになる。両親のそばで育児ができる安心感と、何より自らの故郷に夫と我が子が飛び込んできてくれたことは大きな喜びだった。

市来ご夫婦にとって移住は、あくまでも家族の幸せのための手段なのだ。ここから自分たちのあり方を考え続ける。移住して10ヶ月経った今、次のステージは地域づくりや子どもに関わること。家族で鹿児島に移住した意義を、少しずつ形にしていければと語ってくれた。


〜移住ドラフト会議に参加される方への応援メッセージ〜
必ず出会いがあります。男女の垣根を越えた?合コンだと思ってください!楽しんでください!
思わぬところに、自分の人生が動くきっかけはあります。

-移住ドラフト会議
-