ひなまつり伝統行事「かえんそや」

投稿日:2018年3月28日 更新日:

薩摩川内市入来町で、江戸時代から続く伝統行事「かえんそや」が行われました。

「かえんそや」とは、鹿児島弁で「換えましょうよ」という意味。

桃の節句に女の子たちが互いにお菓子を交換します。

この年も武家屋敷群にある旧増田家住宅に、

色とりどりの晴れ着姿に薄化粧をした女の子たちが集まり、

それぞれ持ち寄ったお菓子を「かえんそや」と言いながら取替えっこしました。

お雛さまが飾られた会場は、三味線や琴の演奏などもあり、終日賑わいます。

 

撮影は、いちき串木野市のMBCふるさと特派員、小島忠義さん(2017/3/2)。

-かごしま南北600キロ
-