阿久根市で黒砂糖づくり始まる

投稿日:2018年3月30日 更新日:

阿久根市脇本にある松木製糖工場では、今シーズンの黒砂糖づくりが始まりました。

まずはサトウキビを機械で搾り、汁を集めます。そして130度の温度で30分ほど煮詰めると、次第に水分が抜けてあめ状になり、練りながら冷ますと黒砂糖になります。

今シーズンの初釜では、3600キロのサトウキビから35キロの黒砂糖ができました。

黒砂糖づくりは来月中旬まで行われ、贈答用として出荷されます。

撮影は、阿久根市のふるさと特派員・赤木仁一さん(2017/11/21)。

-かごしま南北600キロ
-